格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

ソフトバンクのスマホを格安SIMで使う方法

2017.10.26

ソフトバンクのスマホを格安SIMで使う方法

ソフトバンクのスマホを格安SIMで使う場合、SIMロック解除をしないと非常に選択肢が狭くなります。SIMロック解除をしない場合とSIMロック解除をする場合の2パターンについてソフトバンクのスマホを格安SIMで使う方法を解説します。

SIMロック解除しない場合

ソフトバンクの格安SIMをSIMロック解除しないで使うには、ソフトバンク回線を借りている格安SIMを利用する必要があります。しかし、その選択肢は非常に狭く、b-mobileとデータ通信のみのU-mobileのみで、対象はiPhoneのiPhone5以上のモデルです。それ以外の格安SIMを使いたい場合はSIMロック解除が必要となります。
※nuroモバイルやQTモバイルも選択できるようになりました。nuroモバイルはAndroid端末でも利用できます。

b-mobileのデータ専用プランやU-mobileを使う場合は、スマホの電源を切った後にSIMを入れ替えて電源を入れてAPN接続設定をしましょう。b-mobileの音声通話SIMについても基本的には変わりませんが、電話番号を引き継ぎたい場合はMNPの手続きをする必要があります。

SIMを入れ替えて初期設定を行うだけなので非常に簡単ですが、選択肢が少ないことが悔やまれます。

b-mobileの料金

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

データ使用量 月額料金
1GBまで 1,089円
2GB~3GB 1,859円
3GB~6GB 2,629円
7GB~10GB 3,509円
11GB~15GB 4,829円

上記のプランは月額基本料は月のデータ使用量に応じて決まる従量制です。My b-mobileから5GB~15GBの間で上限を設定できるので、思わず使いすぎてしまったということも防げます。

SIMロック解除する場合

対応バンドに注意が必要

SIMロック解除すれば、対応バンド(電波の受信のしやすさ)を無視すれば基本的にどの格安SIMでも使えるようになります。しかし、実際には受信のしやすさというのは重要な要素なので考慮に入れる必要があります。

まず、iPhoneの場合です。iPhoneは対応バンドが万全なので、SIMロック解除をすればドコモ系の格安SIMでもau系の格安SIMでも使うことができます。もちろん、SIMロック解除後でもソフトバンク系の格安SIMは使えます。au系の格安SIMの場合は3G回線で通信することができないので、山間部などにお住いの場合はドコモ系の格安SIMの方がよいかもしれません。

次に、Android端末の場合です。Android端末の場合には対応バンドを考える必要があります。

ソフトバンク系の格安SIMは対応バンドはソフトバンクそのままなので特に問題ありません。Y!mobileも同様に、ソフトバンクで通信できる場所であれば問題なく使えます。

次に相性が良いのがドコモ系の格安SIMです。主要な対応バンドがかぶっているため、山間部やよほどの郊外でなければ電波をつかむことができるでしょう。

最後にau系の格安SIMですが、残念ながら利用するのはあきらめた方がよいです。まず、音声通話とSMSを利用することができません。データ通信もLTEバンド1しか共通していません。バンド1はメインで使われているため、住んでいるエリアによってはあまり不便を感じないかもしれませんが、電波の受信がしにくい場所も多数あると思われます。

以上より、SIMロック解除をする場合には、iPhoneであれば好きな格安SIMを、Android端末であればau系以外の格安SIMを使うこととなります。

SIMロック解除の仕方

SIMロック解除の仕方が分からない方のために、ソフトバンクのスマホのSIMロック解除の仕方を紹介しておきます。

SIMロック解除は、My Softbankやソフトバンクのショップで行うことができます。ショップで解除してもらう場合は、手数料として3,000円が必要ですので、手数料が無料でできるMy Softbankでの手続きをおすすめします。

ソフトバンクのスマホをMy Softbank上でSIMロック解除するには、解除後に利用予定のソフトバンク以外のSIMカードが必要です。そのため、あらかじめ格安SIMの契約を進める必要があります。

新しいSIMカードが用意できたら、端末のIMEI番号を調べましょう。途中で入力が必要になるので、メモをしておくとスムーズです。iPhoneの場合は、[設定]→[一般]→[情報]から、Androidの場合は[設定]→[端末情報]→[端末の状態]から確認できます。場所がわからない場合は、電話アプリを起動してダイヤルで「*#06#」と入力することでも確認することができます。

IMEI番号をメモしたらSIMロック解除に進みましょう。My Softbankにログインしたら、メニューから契約確認を選択します。ページが変わったら、ページ下部にあるお手続一覧からSIMロック解除対象機種の手続きを選択します。後は、画面の説明に従ってIMEI番号の入力をしたり、SIMカードを入れ替えたりするだけです。SIMカードの入れ替え後に、手続きの途中で表示される解除コードが必要になるので、忘れずにメモしておいてください。

SIM入れ替え後のAPN接続設定が分からない場合やMNPの方法がわからない場合は次の記事を参考にしてください。
格安SIM初期設定の方法Android編
格安SIM初期設定の方法iPhone編
電話番号を持ち越せる!MNPのやり方

ソフトバンク回線の格安SIMを比較する

格安SIMを比較する