格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

格安SIM用に中古スマホを購入する際の注意点は?

2018.04.11

格安SIM用に中古スマホを購入する際の注意点は?

格安SIMを入れて使うスマートフォンの調達方法の一つに中古スマホの購入があります。SIMフリーのスマートフォンがロウエンドからハイエンドまで幅広くそろってきたため、以前と比べてキャリアの中古スマホを購入する必要性は薄れてきましたが、ワンセグやフルセグ対応のスマートフォンを使いたい場合やおサイフケータイ対応のスマートフォンを使いたい場合はまだまだ有力な選択肢の一つです。

そんな中古スマホですが、購入する際にはいくつか注意点があります。購入した後にあわてないよう、事前によく確認しておきましょう。

中古スマホ購入時の注意点

端末と回線のキャリアを合わせる

スマホの端末が対応している周波数帯とキャリアが通信に使う周波数帯が一致していないと、スマートフォンは通信することができません。ドコモ、au、ソフトバンクで共通している周波数帯があるため、都市部であればまったく通信ができないということはあまりないですが、郊外では電波をつかみづらくなります。

基本的に、キャリアで発売されたスマホは、そのキャリアの回線で通信できるように作られているため、ドコモで発売されたスマホであればドコモ回線の格安SIMを、auで発売されたスマホであればau回線の格安SIMを、ソフトバンクで発売されたスマホであればソフトバンク回線の格安SIMを利用する必要があります。

同じ機種であっても、発売元のキャリアによって端末が対応している周波数帯が違う場合もありますので、購入後につながりにくくならないよう、端末の発売元と利用する回線は合わせるようにしましょう。

また、端末と回線のキャリアを合わせることはSIMロックの観点からも有用です。端末にSIMロックがかかっていた場合、同じキャリアの回線を利用する格安SIMでしか通信をすることができません。現在、3キャリアともSIMロック解除は購入者本人でしかできないようになっているので、中古スマホ購入後にSIMロック解除をしようと思っても解除することができません。

利用したい格安SIMが決まっていないのならドコモの端末

利用したい格安SIMが決まっていない状態で、先に中古スマホを購入するのなら、ドコモで発売された端末を購入するのが無難です。なぜなら、格安SIMはドコモの回線を借りてサービスを提供しているものが一番多く、格安SIMを選ぶ際の選択肢が狭くなりにくいからです。

主要な格安SIMでドコモの回線を利用したサービスを提供していないのは、UQ mobile(au回線)、Y!mobile(Y!mobile回線、周波数帯はソフトバンクと同じ)といったキャリアのサブブランドぐらいです。将来的には、ソフトバンク資本が入ったLINEモバイルや第4のキャリアとしてサービスを提供することを目指している楽天モバイルも使えなくなる可能性はありますが、現時点では双方ともドコモ回線でサービスを提供しています。

もし、UQ mobileやY!mobileのような昼間でも高速で使える格安SIMを選択肢から捨てきれないという場合は、SIMロック解除済みのiPhone(6s以降)を購入するのも手です。iPhoneは3キャリアの周波数帯に対応しているため、SIMロック解除済みであればどの格安SIMでも利用できます。

ネットワーク利用制限に注意

中古のキャリア発売のスマホを購入する場合には、ネットワーク利用制限に注意しましょう。ネットワーク利用制限とは、盗難や詐欺などで不正に入手した後に転売されたものや、端末の代金の分割支払い中に代金の不払いが起こった場合などにかけられる制限です。

ネットワーク利用制限がかけられている場合、中古スマホの購入者は制限をかけられている回線では通信をすることができません。このような状態のスマホは「赤ロム」と呼ばれています。中古スマホ購入時は赤ロムでないことの確認が必須です。

ネットワーク利用制限の確認方法

ネットワーク利用制限がかけられているのか否かを調べるには、各キャリアの確認サイトで半角数字15桁の製造番号(IMEI番号)を入力すればよいです。

IMEI番号を入力すると、○、△、×のいずれかの判定がなされます。○の判定が出た場合は、100%とは言い切れませんがほぼ制限されることはないと思って大丈夫です。△の判定は、残債が残っているなど判定途中の状態です。△判定の状態は通信をすることができますが、元の所有者が残債の支払いをやめてしまった場合など、将来的に赤ロム判定となる場合があります。×の場合はネットワーク利用制限がかかっています。

手元にある端末のIMEI番号の確認方法は、iPhoneの場合は「設定」→「一般」→「情報」から、Androidの場合は、機種によって名称等変わりますが、「設定」内の端末情報や電話をかけるのと同じ方法で「*#06#」と入力することで確認ができます。

オークションなどで中古スマホを購入する際は、IMEI番号を情報として記載しているスマートフォンを購入するようにし、また、その番号を確認サイトに入力してネットワーク利用制限がかかっていないか確認するようにしましょう。

電池の消耗具合

最近のスマートフォンは自分で電池を交換することができないものがほとんどです。そのため、発売から年数がたっている機種の場合は電池の消耗具合を気にかける必要があります。

中古スマホ販売店で販売しているものであれば、販売店側が一定の動作確認はしていますので、全く使えないというものを購入することはまずありませんが、ヤフオク!などで直接販売者から購入する場合、発売から1年半以上経過しているものは電池の消耗具合が激しい可能性も考えて購入するようにしましょう。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する