格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

BIGLOBEモバイルの通話オプションが10分かけ放題に対応

2018.04.09

BIGLOBEモバイルの通話オプションが10分かけ放題に対応

BIGLOBEモバイルの通話オプションが、4月2日より選べる時間が拡大し、「通話パック90」と「10分かけ放題」が選択できるようになっています。それまでは、「通話パック60」か「3分かけ放題」だけであり、多く通話する人には物足りない内容でした。

通話オプション概要

BIGLOBEモバイルの選べる通話オプションは、元からあった月600円の「通話パック60」、「3分かけ放題」(3月31日までは月650円)と今回追加された月830円の「通話パック90」、「10分かけ放題」があります。

通話パック60は国内通話1,080円分(最大60分)が600円/月で使えるオプションで、同様に、通話パック90は国内通話1,620円分(最大90分)が830円/月で利用できるオプションです。また、3分かけ放題は、3分以内の国内通話が何度かかけても600円/月、同様に、10分かけ放題は、10分以内の国内通話が何度かけても830円/月となるオプションです。オプションで定められた時間を過ぎた場合は、30秒9円(税別)の通話料金がかかります。

いずれのオプションも、「BIGLOBEでんわ」アプリから発信された通話にのみ適用されます。その他通話手段では通常の20円/30秒(税別)の通話料金がかかります。相手からかかってきた電話に折り返す場合やWebサイトを見ていてそのページに記載の電話番号をタップすることで通話できるようになっている場合など、「BIGLOBEでんわ」アプリを通しての発信になっているのか確認が必要です。

「BIGLOBEでんわ」アプリで通話料金を安くできるのはプレフィックス方式を利用しているからです。この仕組みを利用することで、通話料金を抑えることができます。

どのオプションを選択すべきか

今回の拡充で、通話オプションが4つとなりました。この4つの中から最適なものを選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、オプションに入るべきか否かを考えます。通話オプションに入らずに、「BIGLOBEでんわ」アプリを使って通話する場合、30秒9円(税別)の通話料金がかかります。オプション料金の最安は月600円(税別)なので、月に通話する時間が33分以内であれば、オプションをつけない方が安くなります。

月に33分を超えて通話する場合、通話のスタイルによって入るべきオプションが変わります。1回1回の電話は短いけど月に何回も電話を掛けるという場合は○分かけ放題の方を選びましょう。ただし、通話で3分というのは結構短めなので、ゆとりを持って通話したい場合は10分かけ放題や通話パック60などの方が良いと思います。通話パック60でも、1回3分の通話を20回分追加料金なしでできます。

通話パックの方は、通話回数はあまり多くないけど、1回の通話時間が長いという方におすすめです。とはいえ、1時間の長電話をすると1回でオプションの分を使ってしまうので、節度は必要です。長電話をよくするという方は、10分かけ放題にして、10分が近づいたら一度切って掛け直す、LINEなどの無料通話を使うという方法があります。

通話の回数が多く、1回の通話時間も長いという場合は、通話料無料のLINE通話や通話料がより安いIP電話、かけ放題用にキャリアの契約をするなどの手段を考えた方が良いでしょう。ちなみに、格安SIMで時間無制限のかけ放題を提供しているのは、Y!mobileぐらいです。

公式サイトのよくある質問にも同様の質問がありました。該当ページに記載の表を一部内容をより正確にして掲載します。(公式のページには「通話パック60」と「10分かけ放題」、「通話パック90」と「3分かけ放題」が同額と間違い得る表現がある。)

<1カ月の通話時間>

33分未満 「BIGLOBEでんわ」がお得
33分~60分 「通話パック60」がお得
(1回の通話時間が3分以内なら「3分かけ放題」も同額)
60分~90分 「通話パック90」がお得
(1回の通話時間が10分以内なら「10分かけ放題」も同額、
1回の通話時間が3分以内なら「3分かけ放題」の方がお得)
90分以上 1回の通話時間が短い:「かけ放題」がお得
1回の通話時間が長い:「通話パック」がお得

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する