格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

格安SIMの支払い方法でデビットカードは使える??

2020.09.08

格安SIMの支払い方法でデビットカードは使える??

デビットカードで格安SIMを契約したい…。クレジットカードが格安SIMの支払い方法として一般的ですが、実はデビットカードも支払い方法で使うことができます!ただいくつか気を付けないといけない点もあるので、今回はそれらを確認していきましょう!

デビットカードで申し込める主な格安SIM一覧!

まずデビットカードで申し込める主な格安SIMの一覧になります。

UQモバイル 発行カード会社の基準によって使えるかどうか決まる。
基準を知るためには発行カード会社・金融機関に問い合わせる。
LINEモバイル LINE Payカードを疑似的にデビットカードとして使うことは可能。
mineo 利用可能。ただし発行カード会社によって制限をかけられている場合もある。
楽天モバイル 「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」の支払い登録が可能。

楽天モバイルは格安SIMではありませんが、値段的に格安SIMに近しいので掲載しています。これがデビットカードで申し込める格安SIMのすべてではないですが、Y!mobileなど格安SIMの有名どころでもデビットカードを支払方法に申し込むことはできません。

またデビットカード申し込みではありませんが、口座振替を支払い方法に格安SIMに申し込むことも可能です。

デビットカードは格安SIMにとって高リスク!?

クレジットカードと異なり、デビットカードは利用者の口座残高によって料金未回収のリスクがあります。そのため、格安SIMでは積極的にデビットカード支払いに対応しない傾向にあります。

そもそもデビットカードって??

デビットカードとは、カードの支払いと同時に利用者の銀行口座から引き落としが行われる仕組みのカードのことです。銀行口座から現金を引き出さずに決済が可能な利便性や、クレジットカードのように銀行の残高以上にお金を使いすぎる心配がない安心感などあります。またデビットカード作成時に、クレジットカードのような審査はなく、収入も問われません。そのため15~16歳から発行可能なことが多いです。

デビットカードのメリット・デメリットは??

一見便利そうなデビットカードですが、メリット・デメリットはもちろんあります。

メリット

即時決済で使いすぎる心配がない!

クレジットカードと異なり、購入と同時に口座から利用金額分が差し引かれます。そのため利用状況の管理が簡単です。また、デビットカードは決済を行うと、利用状況のメールが届くので、自分の使用状況の把握も楽です。

ポイントが貯まる

口座振替と異なり、デビットカード利用で支払いを行うとその発行カード会社にちなんだポイントを得ることができます。

デメリット

申し込める格安SIMが少ない

格安SIMの主な支払い方法はクレジットカードです。デビットカード支払いは格安SIMにとってリスクがあるため、対応していないことがよくあります。

携帯料金の支払いを制限していることも…

デビットカードを発行している会社によっては、携帯料金の支払いにデビットカードを使うことを制限している場合もあります。自分の持っているデビットカードが制限しているかどうかは発行しているカード会社に聞いてみましょう。

使えるカードの種類が限定されている

格安SIMによっては使用できるデビットカードを指定していることがあります。例えば楽天モバイルでは、「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」しか使えません。自分が持っているデビットカードを使えないことも考えられるので、そういった点には注意しましょう。

デビットカードで申し込める格安SIMのプランは??

UQモバイル

UQモバイルは格安SIMの中でも通信が安定していると言われています。UQモバイルはauのサブブランドで、通信速度はキャリア並みに安定しているにも関わらず、携帯料金はキャリアよりも安いという特徴があります。

  月額料金 データ容量
スマホプランS 1980円 3GB
スマホプランR 2980円 10GB

楽天モバイル

楽天モバイルは最近自社で通信設備を保有するようになりました。現在キャンペーンを大々的に行っており、お得感はあります。しかしまだまだ楽天回線エリアは狭いため、データ通信量無制限をうまく使えないケースもあるので注意しましょう。

  月額料金 データ容量
Rakuten UN-LIMIT 2980円 楽天回線エリアは通信無制限
※パートナーエリアは5GB/月

LINEモバイル

LINEモバイルは通常プランに加えて、オプションでデータフリーオプションをつけることができます。LINEやTwitterなどのSNSやLINEミュージックのデータ通信量を0にできるので、SNSをよく使う人はオプション導入を検討してもよいでしょう。

SIMタイプ 月額料金 データ容量
データ専用SIM 600円 500MB
980円 3GB
1700円 6GB
2700円 12GB
音声通話SIM 1100円 500MB
1480円 3GB
2200円 6GB
3200円 12GB

データフリーオプション

  月額料金 対象サービス
LINEデータフリー 0円 LINE
SNSデータフリー 280円 LINE、Twitter、Facebook
SNS音楽データフリー 480円 上記に加え、
インスタグラム、LINEミュージック、Spotify、AWA

mineo

mineoはマイネ王という独自のコミュニティを構築しており、マイネ王フリータンクによる通信データ量のシェアなどが人気です。またそういった独自の仕組みから顧客総合満足度第1位を獲得しています。(出典元:MMD研究所「2020年3月格安SIMサービスの満足度調査」)

デュアルタイプ(音声通話+データ通信)

  月額料金 データ容量
Aプラン 1310円 500MB
1510円 3GB
2190円 6GB
3130円 10GB
4590円 20GB
6510円 30GB
Dプラン 1400円 500MB
1600円 3GB
2280円 6GB
3220円 10GB
4680円 20GB
6600円 30GB
Sプラン 1750円 500MB
1950円 3GB
2630円 6GB
3570円 10GB
5030円 20GB
6950円 30GB

まとめ

デビットカードで申し込める格安SIMはいくつかあります。ただその選択肢も少なく、支払い方法にデビットカードを選べても、カードの種類や発行カード会社による制限がある場合もあります。それでも決済上の利便性や、利用状況の確認のしやすさなど、クレジットカードが使えない場合の支払方法の1つとして考えてもよいでしょう。

格安SIMを比較する