格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

これで大丈夫!格安SIMの事前準備一覧

2017.04.20

これで大丈夫!格安SIMの事前準備一覧

「契約する格安SIMを決めたし、さあ契約だ。」と、急ぎ契約してしまう前に、一度立ち止まってしっかりと事前準備をしておきましょう。契約が切り替わった後にはできないものもあるので、後であわてないように余裕をもって行うのが吉です。

格安SIMの事前準備

1.キャリアメール以外のメールサービスを用意する

キャリアから格安SIMに移行すると、当然ながら「○○@docomo.ne.jp」、「○○@ezweb.ne.jp」、「○○@softbank.ne.jp」のようなキャリアのメールアドレスは使えなくなります。そのため、メールアドレスが使えなくなる前にGmailやYahoo!メールなど他のメールアドレスを用意しておきましょう。

新しいメールアドレスを用意したら、銀行やクレジットカードなどメールアドレスを登録してあるサービスのメールアドレスを変更しましょう。また、普段キャリアメールで連絡を取り合っている相手がいるのなら、使用しているキャリアメールからメールアドレスを変更することを連絡してください。キャリアメールの設定によっては、Gmailなどのフリーメールアドレスから送ったメールは迷惑メールに分類されてしまいます。契約が切り替わる前に連絡して迷惑メール設定から外してもらう必要があります。

また、メールのデータは端末ではなくキャリアのメールサーバにあるので、何もせずに移行するとキャリアのメールアドレスで受信したメールは見られなくなります。

残しておきたいメールがあるのなら、新たに用意したメールアドレスに転送するなどの対策が必要です。

2.キャリアのポイントは継続利用手続きをするか使い切る

キャリアのポイントがたまっている場合は、格安SIMへの変更前に継続利用手続きをするか使い切っておきましょう。ソフトバンクの場合、たまるのはTポイントなので特に処理する必要はありません。

現在、ドコモを利用している場合は、dポイントがたまっていると思います。dポイントはdアカウントの継続手続きをすればドコモ解約後も使うことができます。継続手続きについては公式サイトをご確認ください。ご利用中のIDがすでにドコモ以外のメールアドレスの場合は継続利用の手続きは不要です。

auを利用している場合は、WALLETポイントがたまっています。WALLETポイントはauを解約すると失効してしまいます。解約する前にポイントを使っておきましょう。特に欲しいものがない場合は、「au WALLET プリペイドカード」にチャージしておけば、au解約後もプリペイドカードの有効期限までは使うことができます。

3.データのバックアップを取る

格安SIMへの変更と同時に端末も変える場合、アドレス帳などは事前にバックアップしておくと便利です。

現在の携帯端末と移行後の携帯端末が両方ともSDカードに対応していれば、SDカードにデータを移しておけば良いですが、どちらかがSDカードに対応していない場合は、クラウドサービスなどにバックアップしておきましょう。

JSバックアップなどのサービスを使うと便利です。

4.MNP予約番号を取得する

現在利用している電話番号を格安SIMでも利用したい方は、各キャリアでMNP予約番号取得の手続きを行う必要があります。

MNP予約番号の有効期限は予約日を含めて15日間です。15日間を過ぎると、再度手続きが必要なので、残り日数に余裕を持たせて手続きをしてください。

5.LINEの引き継ぎ準備をする

端末も変更する場合は、LINEのデータを引き継げるように事前に準備しておきましょう。

まず、LINEに登録したメールアドレスがキャリアメールの場合は、1.で取得したフリーメールアドレスなどに変更しましょう。

現在登録しているメールアドレスを確認するには、[その他]>[設定]>[アカウント]と進み、[メールアドレス登録]を選択すれば、[メールアドレス変更]の下にメールアドレスが表示されます。

現在、メールアドレスを登録していなかった場合は、この段階で登録しておきましょう。パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードの再設定を行ってください。

また、電話番号が変更になる場合やFacebookログインを利用していてスマートフォンを変更する場合は、引き継ぎ許可設定を行う必要があります。これは、設定後24時間以内に引き継ぐ必要があるので、引き継ぎ当日に行ってください。

許可の方法は、[設定]>[アカウント引き継ぎ設定]で「アカウントを引き継ぐ」をオンにすることです。24時間が過ぎた場合は、再度この作業をする必要があります。

次に、過去のトークの内容をバックアップします。詳しくは、「機種変更の前にLINEのトークをバックアップしよう」をご覧ください。LINEのアプリ内の設定(歯車)のトークの項目からiCloud DriveやGoogleドライブにバックアップが可能です。この作業は新しい端末でLINEにログインする前に行う必要があります。

なお、iPhoneからAndroid端末、Android端末からiPhoneへはトーク内容を持ちこせないので、大事な内容はスクリーンショットなどで保存しておきましょう。

トーク内容のバックアップが終わったら、アカウントの引き継ぎを行います。新しい端末でLINEをインストールし、LINEを開いたらログインを選択し、設定してあるメールアドレス・パスワードを入力してください。後は画面に沿って操作をすれば引き継ぎは完了です。

 

以上、事前準備をしっかり行って、直前になってあわてないようにしましょう。特に、キャリアメールに関する部分は、契約変更後は取り返しがつかないことが多いので、余裕をもって準備しておくことをおすすめします。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する