格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

口座振替も可能!クレジットカードなしで契約できる格安SIM

2020.12.10

口座振替も可能!クレジットカードなしで契約できる格安SIM

格安SIMの多くは携帯料金を回収できないリスクから、クレジットカード以外の支払い方法を認めていません。ただ何らかの事情でクレジットカードを持てない人のために、今回はクレカなしで申し込める格安SIMを紹介していきます。

クレジットカード無しで契約できる主な格安SIMは??

それではまずクレカなしで申し込める格安SIMを確認してみましょう。以下の格安SIMはクレカなしで申し込みが可能な中でも、おすすめできる格安SIMとなっています。それぞれのプランや特徴については後述していきます。

  口座振替可能 デビットカード可能
UQモバイル
Y!mobile ×
楽天モバイル
LINEモバイル ×
※LINE Payカードで疑似的なデビットカード支払いが可能。
mineo ×

クレカなしで申し込むメリットは??

クレカを何らかの事情で持てない人でも申し込みが可能!

クレカなしで申し込む最大のメリットは、何と言ってもクレカを持てない人でも格安SIMに申し込めることです。支払滞納など、何らかの事情でクレジットカードを発行できない、使えない場合、クレカ以外の支払い方法を認めていない格安SIMに申し込むことはできません。しかしクレカなしでも申し込みができる格安SIMであれば、クレカを使えない人でも格安SIMと契約できます。

特に18歳未満の場合、年齢によりクレカを発行できません。クレカ以外の支払い方法を認めていて、18歳未満の申し込みを認めている格安SIMであれば、18歳未満の方自身を契約者にして申し込むことができます。

クレカを使わない注意点は??

クレカを使わない支払い方法を選ぼうとする際、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。確認してみましょう。

格安SIMの選択肢が少なくなる

前述の一覧表からも分かる通り、クレカを使わないで申し込める格安SIMの選択肢は少ないです。口座振替やデビットカードでの支払いの場合、携帯料金を回収できないリスクがあるため格安SIMは好んでいません。

また現在はクレカなしで申し込めても、将来的にクレカが必須になることもあります。例えば、以前OCNモバイルONEではクレカなしでの申し込みが可能でしたが、現在ではクレカなしでの申し込みは不可になっています。

手続き完了まで時間がかかる

クレカ以外の支払い方法を選択した場合、手続き完了まで時間がかかることもあります。例えば、Y!mobileで口座振替を選択する場合、手続きに大体1~2か月かかります。そのため、クレカ以外で申し込みを行う場合、使用可能になるまで時間がかかることを覚えておきましょう。

口座振替・デビットカードのそれぞれの注意点は??

クレカを持てない人でも利用できるこの2つの支払い方法ですが、それぞれ特有の注意点があります。支払い方法に選択してから後悔しないように、注意すべきポイントを確認しておきましょう。

口座振替での支払いはこちら、デビットカードでの支払いについてはこちらで詳細に解説していますので、是非参考にしてみてください。

口座振替の注意点:手数料が発生する

口座振替で格安SIMを申し込む場合、手数料が発生します。一回ごとの支払いはさほど大きくありませんが、回数を重ねるほど大きな額になります。格安SIMによって手数料は若干異なるので、どれくらい払う必要があるのかは確認しておきましょう。

デビットカードの注意点:使えるカードの種類が限られている

デビットカードを支払い方法に使える場合でも、使用できるカードの種類は限られています。自分の持っているデビットカードが使えるとは限らないので、前もってカード会社に確認しておくとよいでしょう。

クレカなしで申し込める格安SIMのプランは??

それでは格安SIMごとの詳細について確認してみましょう。

UQモバイル

UQモバイルでは口座振替を選択する場合、店舗からの申し込みであれば口座振替を選択できます。WEB上での申し込みの場合、MNP(他社からの乗り換え)のみ口座振替を選択することができます。ただ金融機関への確認などの手続きの関係で、手続き完了まで大体1~2か月かかります。手続き完了までの間はコンビニ払いとなります。

またUQモバイルではデビットカードも使用可能です。ただしカードが使えるかどうかは発行カード会社の審査基準によって決まります。事前に発行カード会社か金融機関に使用可能か問い合わせておきましょう。

UQモバイルは通信速度が安定している格安SIMです。通信速度を気にする場合はUQモバイルがおすすめです。

月額料金 データ容量/月
スマホプランS 1,980円 3GB
通信制限時最大300kbps
スマホプランR 2,980円 10GB
通信制限時最大1Mbps

Y!mobile

Y!mobileで口座振替を選択する場合、Y!mobileショップで手続きを行うか、郵送での手続きを行うことで申し込みができます。その場合、本人名義のキャッシュカードまたは通帳、本人確認書類、金融機関お届け印の準備が必要になります。Y!mobileはデビットカードでの申し込みを受け付けていないので、その点は注意しましょう。

Y!mobileもまた大手キャリア並みの通信速度を誇っています。また元々のプランに通話時間の最初の10分間の通話料を無料にするオプション料金が含まれています。

  月額料金 データ容量/月
スマホベーシックプランS 2,680円 3GB
通信制限時最大300kbps
スマホベーシックプランM 3,680円 10GB
通信制限時最大1Mbps
スマホベーシックプランR 4,680円 14GB
通信制限時最大1Mbps

楽天モバイル

楽天モバイルでは口座振替で申し込めますが、端末代は口座振替できない点に注意しましょう。また口座振替の場合、楽天ポイントを使用しての支払いはできません。

また楽天モバイルではデビットカードを使用できますが、使用できるカードは「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」となっております。

  月額料金 データ容量/月
Rakuten UN-LIMIT 2,980円 楽天回線エリアは通信無制限
※パートナーエリアは5GB/月

LINEモバイル

LINEモバイルでは口座振替やデビットカードを支払い方法に選択することはできません。しかし、LINE Payカードで疑似的なデビットカード払いを行うことはできます。こちらを行う場合は、LINE Payカードにチャージしておく必要があります。

またLINEモバイルはSNS系のアプリのデータ通信量を0にするオプションもあります。SNSをよく利用する人はLINEモバイルがおすすめです。

SIMタイプ 月額料金 データ容量/月
データ専用SIM 600円 500MB
980円 3GB
1,700円 6GB
2,700円 12GB
音声通話SIM 1,100円 500MB
1,480円 3GB
2,200円 6GB
3,200円 12GB

データフリーオプション

月額料金 対象サービス
LINEデータフリー 0円 LINE
SNSデータフリー 280円 LINE、Twitter、Facebook
SNS音楽データフリー 480円 上記に加え、
インスタグラム、LINEミュージック、Spotify、AWA

mineo

mineoでもデビットカードを支払い方法にすることはできます。ただし発行カード会社によって支払い方法にできないこともあるので、確認が必要です。

またmineoはマイネ王と呼ばれる独自のコミュニティを持っています。マイネ王ではユーザー間でデータ容量をシェアすることができるので、余ったデータ容量は無駄にならず、また足りないときは補充することができます。

月額料金 データ容量
Aプラン 1,310円 500MB
1,510円 3GB
2,190円 6GB
3,130円 10GB
4,590円 20GB
6,510円 30GB
Dプラン 1,400円 500MB
1,600円 3GB
2,280円 6GB
3,220円 10GB
4,680円 20GB
6,600円 30GB
Sプラン 1,750円 500MB
1,950円 3GB
2,630円 6GB
3,570円 10GB
5,030円 20GB
6,950円 30GB

まとめ

クレカを何らかの事情で持てない人でも、格安SIMと契約することは可能です。口座振替、デビットカードのどちらを利用するかによって、選択できる格安SIMは異なるので、事前に契約できる格安SIMを把握しておきましょう。またクレカを使わない場合、選べる格安SIMの選択肢が少ない、手続き完了まで時間がかかるなどの注意点もあります。クレカなしで契約できる格安SIMでも、それぞれ何らかの制限等があるので格安SIMごとの条件をしっかり確認して、契約する格安SIMを選びましょう。

格安SIMを比較する