格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

格安SIMに乗り換えたい!乗り換え方法や注意点は??

2020.06.05

格安SIMに乗り換えたい!乗り換え方法や注意点は??

大手キャリアは金額が高いから携帯料金の安い格安SIMに乗り換えたい…でも格安SIMは店舗を持っているMVNOが少なくて、乗り換えの手続きを自分で行う必要が…そんな悩みに応えるため、今回は乗り換えの際に必要なことや注意点について記載していきたいと思います!

格安SIMへの乗り換えに準備するものは??

格安SIMに乗り換えるために、準備するものが色々あります。準備するものに不備があると、申し込むときだけではなく、使用開始の際に不具合が発生する場合がありますので、注意しましょう。

乗り換え時に必要なもの

MNP予約番号

格安SIMに乗り換える時、以前使っていた自分の携帯番号を引き継ぎたい場合、MNPを行う必要があります。MNPを行うためには、移行する前の通信事業者からMNP番号を取得する必要があります。それからMNP予約番号の期限内にその予約番号を使用して移行先の通信事業者に申し込みを行う必要があります。MNPを行う際にはMNP転入手数料とMNP転出手数料が発生するので覚えておきましょう。

SIMフリーまたはSIMロック解除済みの端末(機種変更を行わない場合)

自分のスマホをそのまま使い格安SIMに引き継いだ時、発生しがちなことが、スマホのSIMロック解除を忘れてしまうことです。SIMフリーの端末であれば、SIMロックを気にする必要はありません。SIMロック解除を行うには、通信事業者によってその手順は異なるのでこちらで確認してみましょう。

クレジットカード

MVNOの多くでは決済方法がクレジットカードのみのことがありますので、注意しましょう。MVNOによってはその他の決算方法を取り入れている場合もあるので、もしクレジットカードを持っていない、使えないなどであれば、クレジットカード払い以外の方法を導入している格安SIMを探してみましょう。

本人確認書類

本人確認書類は当然必要になってきます。可能であれば、顔写真付きの証明書を用意しましょう。運転免許証などが理想的です。

乗り換え時の注意点は??

解約手数料が発生する場合がある

乗り換えを行う際に気を付けなくてはならないのは、解約手数料です。大手キャリアの場合契約更新月以外に解約を行うと解約手数料が発生します。また格安SIMの場合、最低使用期間内で解約を行った場合、解約手数料が発生します。契約期間がいつまでなのか、大手キャリアの場合、いつからいつまでが更新月なのか、確認してみましょう。

MNPには料金が発生する

MNPを行う場合、乗り換え前の通信事業者にはMNP転出手数料を払います。それに加えて、乗り換え先の通信事業者にはMNP転入手数料を払わなくてはいけません。MNPは両方合わせて5000~6000円程度の出費になります。

乗り換え先の動作確認済み端末の確認

自分が持っているスマホを引き続き利用予定の場合、乗り換え先の格安SIMがその機種に対応しているか確認しましょう。格安SIMによって対応機種が異なるので、乗り換え前に格安SIMで使っていた機種の場合でも対応していないことがあります。例えば、使用予定の回線と異なるキャリアの端末だったり、マイナーな海外の機種だったりする場合です。動作確認済み端末は各MVNOの運営サイトで確認することができます。例えばLINE MOBILEならこちらのサイトで確認できます。

 

インターネットや電話を使えない期間が発生する可能性

MNPを利用する場合、まず乗り換え前の通信事業者にMNPの転出手続きを行います。この時、乗り換え前に使用していたSIMカードは使用不能になります。このため、乗り換え先のSIMカードが手元にない場合、新しいSIMカードをスマホに装着するまで通信を行えない状態になります。格安SIMは店舗がなく、SIMカードの装着などを自分で行う必要があります。特に格安SIMによっては申し込みからSIMカードが手元に届くまで数日かかることがあります。そのために、通信が出来るようになるまで数日かかることもあります。現在格安SIMによっては即日MNPを導入しているところもあり、この使えない期間を最小限に抑えることもできます。乗り換えを行う際には、乗り換え先の格安SIMが即日MNPを実施しているかも注意してみましょう。

キャリアメールが使えなくなる

格安SIMに乗り換えた場合、以前使っていたキャリアメールが使えなくなります。キャリアメールで会員登録を行っていた場合、ログインが難しくなるので事前にフリーメールなどに移行しておきましょう。

乗り換え方法は??

MVNOからスマホを購入する場合

  1. 機種の決定

自分に合った機種を選びましょう。機種によって性能や金額が大きく異なります。高いスペックを持つものであるほど高額になっていくので、どの様なアプリで遊ぶか、どの程度カメラの画素数を求めるのかなどによって機種のスペックを選びましょう。

  1. 格安SIMの申し込み

自分にあったプランを選びましょう。どの程度データ通信を行うのか、電話は必要か、料金はどの程度までかなどを考慮して選択しましょう。また格安SIMによっては様々なオプションがあります。特定の通信ではデータ通信量を使用しないなどのオプションがあるので、自分の使用頻度が高いアプリから考えてみてもよいでしょう。

  1. スマホ本体とSIMカードの到着

格安SIMの申し込みを行ってから1週間から10日程度でスマホ本体とSIMカードが届きます。申込内容と相違がないか確認しましょう。

  1. MNP切り替え

MNPを利用する場合は、乗り換え先のMVNOでMNP切り替え手続きを行う必要があります。この際に電話回線等使えなくなるので注意しましょう。

  1. SIMカードをスマホに装着

届いたSIMカードをスマホ本体に装着します。装着方法はスマホによって異なるので、取扱説明書をよく読みましょう。

  1. 通信接続の設定

通信接続の設定(APN設定)を行います。設定方法は端末によって大きく異なります。特にiPhoneとAndroidで設定の方法は大きく異なります。iPhoneの場合、Wi-Fi環境でAPN構成プロファイルをダウンロードする必要があります。Androidの場合、設定方法について記載された紙がついてくるので、それを参考に設定しましょう。

自分のスマホを引き継いで乗り換える場合

  1. 動作確認済み状況の確認

自分のスマホが乗り換え予定先のMVNOで動作確認が取れているのか確認してみましょう。確認されていない場合、使用にトラブルが発生する可能性があるので、乗り換え先の再検討など行う必要があります。

  1. SIMロックの解除を確認

自分のスマホはSIMロック解除が必要かどうか調べましょう。大手キャリアのスマホの多くはSIMロックが掛かっています。

  1. SIMロックの解除

SIMロック解除の手続きを行いましょう。SIMロック解除の方法は各大手キャリアのユーザー専用ページや、ショップでの店頭手続き、電話などの方法があります。電話やショップでSIMロック解除を行う場合、SIMロック解除の手数料が発生します。オンライン上のWEBページからの解除手続きであれば、手数料は発生しません。

  1. 申込み

自分にあったプランを選びましょう。どの程度データ通信を行うのか、電話は必要か、料金はどの程度までかなどを考慮して選択しましょう。また格安SIMによっては様々なオプションがあります。特定の通信ではデータ通信量を使用しないなどのオプションがあるので、自分の使用頻度が高いアプリから考えてみてもよいでしょう。

  1. SIMカード到着

格安SIMの申し込みを行ってから1週間から10日程度でスマホ本体とSIMカードが届きます。申込内容と相違がないか確認しましょう。

  1. MNP切り替え

MNPを利用する場合は、乗り換え先のMVNOでMNP切り替え手続きを行う必要があります。この際に電話回線等使えなくなるので注意しましょう。

  1. SIMカードをスマホに装着

届いたSIMカードをスマホ本体に装着します。装着方法はスマホによって異なるので、取扱説明書をよく読みましょう。

  1. 通信接続の設定

通信接続の設定(APN設定)を行います。設定方法は端末によって大きく異なります。特にiPhoneとandroidで設定の方法は大きく異なります。iPhoneの場合、Wi-Fi環境でAPN構成プロファイルをダウンロードする必要があります。 Androidの場合、設定方法について記載された紙がついてくるので、それを参考に設定しましょう。

おすすめの乗り換え先は??

速度は絶対重要!

格安SIMに乗り換えた人の不満で一番多いのが「回線速度の遅さ」です。大手キャリアと比較して速度が落ちることは仕方ないですが、想像以上の遅さにストレスを貯める人も多いとのことです。特にインターネットやスマホアプリをよく利用する人にとって通信速度は重要です。自分がどの程度の通信は絶対必要なのか考えてみましょう。格安SIMのなかで速度が安定しているといわれているのが、UQ-mobileとY!mobileです。これらは大手キャリアと比較してもそこまでの差がないレベルで速度が安定しています。

即日MNPが可能

MNPを利用する場合、音声通話を使用できない期間が発生してしまいます。その期間をなるべく短くするために、即日MNPを行っている格安SIMに乗り換えることを検討してみましょう。

「即日MNP可能な主な格安SIM」

格安SIM名 使用回線 主な料金プラン 料金プラン② 料金プラン③
楽天モバイル 楽天 2980/月 データ使い放題
※対象エリア内のみ
   
UQ-mobile au 1980円/月 3GB 2980円/月 月額データ通信量10GB  
Y!mobile ソフトバンク 2680円/月 3GB 3680円/月 9GB 4680円/月 14GB
BIGLOBEモバイル ドコモ 1600円/月 3GB 2150円/月 6GB 3400円/月 12GB
LINEモバイル 主にソフトバンク 1480円/月 3GB 2200円/月 6GB 3200円/月 12GB
OCNモバイルONE ドコモ 1480円/月 3GB 1980円/月 6GB 2880円/月 10GB
mineo ※右の料金はドコモ回線を使用時 1600円/月 3GB 2280円/月 6GB 3220円/月 10GB
IIJmio ドコモ・au 1600円/月 3GB 2220円/月 6GB 3260円/月 12GB

同回線を利用しているMVNOへの乗り換え

同じ回線同士での乗り換えの場合、持っている端末が基本そのまま使用することができ、また多くの場合、SIMロック解除を行う必要がなくなります。

「ドコモの場合」

ドコモは回線の貸出しの料金が低いことから多くの格安SIMで回線が使用されています。その中でおすすめの格安SIMはmineoです。豊富なデータプランやマイネ王といった独自のコミュニティも存在しています。

「auの場合」

UQ-mobileはau回線を使っており、即日MNPにも対応しています。ただ2015年4月〜2017年7月に発売されたauのスマホでVoLTE対応SIMを利用したい場合は、SIMロック解除が必要になります。またUQ-mobileは速度も安定している格安SIMなのでおすすめです。

「ソフトバンクの場合」

LINE mobileはトリプルキャリア対応ですが、主にソフトバンク回線に力を入れており、即日MNPも可能です。またY!mobileも同様にソフトバンク回線ですが、こちらは一部を除きSIMロック解除が必要です。

まとめ

格安SIMへの乗り換えを検討している場合、自分の現在の契約状況やスマホの機種によって乗り換えの際に必要な手順が変わってきます。この手順を間違えると、乗り換えを行った際に音声通話やデータ通信が行えないといったトラブルに見舞われる恐れがあります。乗り換え先を考えるのに必要な条件を確認してみましょう。

格安SIMを比較する