格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

独自ドメインのメールアドレスがある格安SIMは?

2017.10.30

独自ドメインのメールアドレスがある格安SIMは?

格安SIMに乗り換える際は、Gmailなどのフリーメールアドレスを利用することが普通です。しかし、中には独自ドメインのメールアドレスを提供している格安SIMもあります。そこで、独自のメールアドレスを提供している格安SIMをまとめてみます。

独自ドメインを提供している格安SIM

独自ドメインのメールアドレスを提供している格安SIMについて、アドレスとメールボックスの容量についてまとめます。基本的に無料ですが、UQ mobileは月額200円(税抜)必要です。

Y!mobile

Y!mobileはいわゆるキャリアメールアドレスも利用できます。

ややこしいですが、Y!mobileを契約することで利用できるメールアドレスは2種類あります。@yahoo.ne.jpの方はインターネットのプロバイダからもらえるいわゆるPCメールと同様のメールアドレスです。co.jpではなくne.jpであることに注意してください。@ymobile.ne.jpの方は、ドコモ・au・ソフトバンクのメールアドレスと同じ扱いのキャリアメールアドレスです。キャリアメールアドレス宛に送っても迷惑メール判定されなかったり、キャリアメールアドレスの登録が必須のサービスを使うことができたりします。

UQ mobile

UQ mobileは月額200円のオプションとして、独自ドメインのメールアドレスを提供しています。有料ですが、キャリアメール宛に送っても迷惑メールと判定されなかったりプッシュ通知に対応していたりするというメリットがあります。今現在、キャリアメールで連絡をしあっている相手がいるのなら、月額200円払う価値があるかもしれません。

楽天モバイル

楽天メールという名前でサービスを提供しています。メールボックスの容量が15GBとGmail並にあり、メールの保存容量が足りなくて困るということはほぼないでしょう。絵文字やデコレーションメールを使えるという特徴もあります。

NifMo

NifMoを契約すると@niftyのメールアドレスが発行されます。既に@niftyの他のサービスをご利用の場合は、新しいメールアドレスは発行されません。プロバイダなど@niftyの他のサービスを利用した際に利用できるメールアドレスと同じものです。月額100円のIMAP機能を申し込むと、容量が5GBから10GBへと増量されます。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBE会員が利用できるBIGLOBEメールを無料で利用できます。アドレスの***部分は自動的に決定されます。

mineo

mineoに申し込むと標準でメールアドレスが1つ付与されます。ただし、標準ではメールボックスの容量が200MB、保存期間60日となっているので、常用する場合は別途申し込みをして容量を5GB、保存期間無制限にする必要があります。申し込みは無料で行えます。申込方法は、マイページにログイン後、[ご契約サービスの変更]の[オプション変更]を選択し、[お申し込みオプション]の[メールボックス容量]の[申し込み]にチェックを入れてください。

OCN モバイル ONE

プロバイダのOCNに申し込んだときと同じメールサービスを利用できます。アドレスの***部分は自動的に決定されます。他サービスと比べると容量が1GBまでと少なめです。

基本的にはフリーメールアドレスが便利

上で説明したように、いくつかの格安SIMで独自ドメインのメールアドレスが利用できますが、キャリアメールアドレスに送っても迷惑メール判定されないY!mobileとUQ mobileを除いて使い勝手はフリーメールアドレスと変わりません。容量がGmailと同等にあり、絵文字やデコレーションメールが使える楽天メールが選択肢にあがるくらいでしょうか。他のメリットとしては、一部サービスでフリーメールアドレスは不可となっているものにも登録ができるくらいです。

独自ドメインのメールアドレスは、基本的にサービスを解約すると利用できなくなります。そのため、今後他の格安SIMに変更する際に、メールアドレスの変更を連絡する手間が再度必要となります。フリーメールアドレスであれば、どこの会社の格安SIMであろうと利用できるので、今後のことを考えるとフリーメールアドレスを普段使いのメールアドレスにしておく方が便利です。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する