格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

【おすすめプラン紹介】格安SIMでデータ通信無制限を選ぶポイントは??

2020.10.19

【おすすめプラン紹介】格安SIMでデータ通信無制限を選ぶポイントは??

毎月のデータ使用量を気にせずにスマホを使いたい!そんな願いを叶えてくれるのが格安SIMの無制限プランです。データを使い放題してみたい!その願いを叶えるため、今回は無制限プランを選ぶ際のポイントや注意点について解説していきます。

データ無制限を選べる格安SIMは

それではまず初めに格安SIMで選べる無制限プランを紹介していきます。

楽天モバイル

まず初めに楽天モバイルです。楽天モバイルは格安SIMからキャリアに変わりましたが、その料金設定は格安SIM以上にお得なものとなっています。また楽天回線エリア内であればデータ無制限で高速通信可能なので、無制限プランとなります。

  月額料金 データ容量
Rakuten UN-LIMIT 2,980円 楽天回線エリアは通信無制限
※パートナーエリアは5GB/月

UQモバイル

次に紹介するのがUQモバイルです。UQモバイルはデータ無制限プランを提供しています。ただ注意点として、通信の最大速度が500kbpsに制限されていることです。LINEでのテキストメッセージでのやり取りや、軽いWEBサイトの閲覧などの通信速度を必要としないものであれば問題はありません。

また現在データ無制限+音声プランは2019年9月30日で終了しています。また当日を含む直近3日間で6GB以上の通信があった場合、速度制限がかかることもあるので注意しましょう。

  月額料金 通信速度
データ無制限プラン 1,980円 月間データ容量無制限で送受信最大500kbps

mineo

mineoでは通常プランに加えて、オプションで「パケット放題(月額350円)」を追加すれば、データ通信を無制限で行うことができるようになります。パケット放題は「mineoスイッチ」をONにすることで使用可能になりますが、この間最大通信速度が500kbpsに制限されます。

mineoでは幅広いデータ容量のプランが提供されています。特に少ないデータ容量のプランを契約する場合はパケット放題をオプションとして付けることで、携帯料金の節約にもなります。

音声通話SIM

  月額料金 データ容量
Aプラン 1,310円 500MB
1,510円 3GB
2,190円 6GB
Dプラン 1,400円 500MB
1,600円 3GB
2,280円 6GB
Sプラン 1,750円 500MB
1,950円 3GB
2,630円 6GB

データ専用SIM

  月額料金 データ容量
Aプラン 700円 500MB
900円 3GB
1,580円 6GB
Dプラン 700円 500MB
900円 3GB
1,580円 6GB
Sプラン 790円 500MB
990円 3GB
1,670円 6GB

スマホドックモバイル

スマホドックモバイルはデータ通信が無制限でありながら、速度制限自体もかかっていません。ただ注意点として、3日間で10GBを超える通信を行うと速度制限にかかります。また音声通話SIMやSMS機能付きデータ専用SIMはない点も気を付けておきましょう。

  月額料金
ドコモ 
LTE大容量sim
4,880円

WONDERLINK LTE

Panasonicが提供する格安SIMです。「F-使い放題700」は最大通信速度700kbpsで定額無制限のデータ使い放題プランとなっています。ただこちらもデータ専用SIMしかなく、音声通話SIMやSMS機能付きデータ専用SIMはない点に注意しましょう。

  月額料金 通信制限
F-使い放題700 1,580円

1ヶ月間1Gbまで下り最大375Mbps上り最大50mbpsで使える。


それ以降は最大700kbpsで無制限

ピクセラモバイル

月額定額でデータ通信を無制限で行うことが可能です。ただこちらもデータ専用SIMでしか申し込みできないので、音声通話やSMSを使えない点には注意しましょう。

  月額料金(税込) 通信制限
高速定額SIM 2,138円

直近3日間のデータ通信量が3GBを超えた場合、翌日午前1時から24時間通信制限。最大速度200kbps

データ無制限には何らかの制約が!?

格安SIMで無制限プランを行う場合、多くのケースで何らかの制約があります。そのためデータ無制限プランは大容量プランと比べて料金が抑えられているという側面もあります。どのような制約があるのか、なぜ制約があるのか、確認してみましょう。

どんな制約がある??

先に紹介したプランの多くには、速度制限やある期間内の通信量制限などがありました。このように無制限プランは確かに月のデータ通信量は無制限である一方で、通信速度の制限や短期間での大量のデータ通信を抑制しています。

実際、UQモバイルやmineoは通信制限がかかっていないときでも、通信速度が遅くなるよう設定されています。制限された速度であってもLINEでのテキストメッセージのやり取りや、軽いWEBサイトの閲覧であれば特に支障はありません。しかし動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい場合は、ストレスを感じる恐れはあります。

そもそもなんで制約があるの??

格安SIMはそれぞれ通信可能なデータ量が決まっており、このデータ量を格安SIMごとのユーザー間でシェアして使っています。一部のユーザーがデータ容量を使いすぎてしまうと、他のユーザーがデータ通信を行いにくくなってしまいます。こういった事態を防ぎ、ユーザー間の公平性を保つために、制約が設けられています。

データ無制限を選ぶ際のポイントは??

それではデータ無制限を選ぶ際、どのようなことに注意して選べばよいのでしょうか。確認すべきポイントについて確認していきましょう。

通信速度と料金のバランス!

データ無制限プランは大容量プランと比べて料金が比較的安くなっています。そのため携帯料金を抑えつつ、月のデータ通信量を気にしたくない人におすすめのプランとなっています。しかし、前述したように無制限プランの多くは何らかの制約が設けられています。通信速度の遅さを気にする場合、無制限プランよりも大容量プランのほうが良いかもしれません。

通信速度を必要としない場合、無制限プランはおすすめです。大容量プランよりも安いので、自分が普段どの様なスマホ使いをしているのかから考えて選択しましょう。

通信制限時でも速い格安SIMを選ぶ!

無制限プランを選ぶ際、選択肢として考えてもよいのが、通信制限時でも通信速度が速い格安SIMです。UQモバイルやY!mobileは通信制限がかかっても、最大1Mbpsで通信可能なので、無制限プランの通常時の速度よりも速いです。こういった格安SIMを選ぶことで、実質無制限プランのように使用可能です。

UQモバイル

UQモバイルの音声通話SIMのスマホプランRです。通信無制限ではないですが、通信制限時でも他の格安SIMの無制限プランよりも速い速度で通信可能な魅力があります。

  月額料金 データ容量
スマホプランR 2,980円 10GB/月
通信制限時最大1Mbps

Y!mobile

Y!mobileの音声通話SIMのスマホベーシックプランMとRです。こちらもUQモバイル同様、無制限プランではありませんが、通信制限時でも最大1Mbpsで通信可能です。

  月額料金 データ容量
スマホベーシックプランM 3,680円 10GB/月
通信制限時最大1Mbps
スマホベーシックプランR 4,680円 14GB/月
通信制限時最大1Mbps

カウントフリーオプションの利用!

データ通信全体ではなく、一部アプリのデータ通信量を無制限にする方法もあります。格安SIMのカウントフリーオプションを利用することを選択肢に入れてみましょう。特にYouTubeなどの動画視聴アプリやSNSを高頻度で利用する方にはおすすめです。

LINEモバイル

SNSのデータ通信量を0にすることが可能です。特にInstagramはデータ通信量を消費しやすいので、こういったアプリをよく使う方にはLINEモバイルはおすすめです。

SIMタイプ 月額料金 データ容量
データ専用SIM 1700円 6GB
2700円 12GB
音声通話SIM 2200円 6GB
3200円 12GB

データフリーオプション

  月額料金 対象サービス
LINEデータフリー 0円 LINE
SNSデータフリー 280円 LINE、Twitter、Facebook
SNS音楽データフリー 480円 上記に加え、
インスタグラム、LINEミュージック、Spotify、AWA

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルが提供するエンタメフリー・オプションは、動画視聴系のアプリのデータ通信量を0にすることができます。YouTubeなどの動画視聴アプリを好む方に、BIGLOBEモバイルはおすすめです。

  月額料金 利用可能サービス
音声通話SIM 480円 YouTube、ABEMA、U-NEXT、Google Play Music、Apple Musicなど

OCNモバイルONE

MUSICカウントフリーオプションを付けることで、音楽再生アプリのデータ通信量を0にすることができます。

対象アプリ一覧

   
月額料金:無料 amazon music、ANIUTA、AWA、dヒッツ、Google Play Music、LINE MUSIC、Rec Music、Spotify、ひかりTVミュージック

テザリングも使える格安SIMを!

無制限プランであればデータ容量を気にせずに、テザリングを利用してノートPCやゲーム機利用ができます。ただ注意点として、通信速度が遅いとテザリング時の通信速度も遅くなることです。そのため多くの無制限プランの通信速度の場合、ストレスを感じるかもしれません。

またテザリングを行う際に、カウントフリーオプションの対象になるのかを確認しておきましょう。動画視聴アプリのデータ通信量を0にするBIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションはテザリング中でもデータ通信量を0にすることができます。ただ格安SIMによっては通信量を0にできないこともあるので注意しましょう。

今回紹介した格安SIMのテザリング対応端末情報はこちらになります。

まとめ

格安SIMの無制限プランを利用することで、料金を抑えながらデータ通信量を気にせずにスマホを使うことができます。ただ無制限プランの多くは何らかの制約が設けられている点には注意しましょう。無制限プランを選ぶ際は、料金や通信速度のバランスなどから考えるとよいでしょう。

格安SIMを比較する