格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

LINEモバイル、ソフトバンク傘下に

2018.02.01

LINEモバイル、ソフトバンク傘下に

LINEモバイルとソフトバンクは1月31日、戦略的提携についての基本合意に達したことを発表しました。提携内容は、MVNO事業における業務提携と、ソフトバンクのLINEモバイルへの出資です。

LINEモバイルは現在LINEの100%子会社ですが、LINEモバイルが2018年3月頃までに実施する第三者割当増資により、ソフトバンクが51%、LINEが49%を出資する形となります。なお、代表取締役社長は引き続き嘉戸氏が務めます。

LINEモバイルは、LINE、Facebook、Instagramの通信量をカウントしないサービスなどを特徴に、ユーザー満足度91%、顧客推奨度82%を越えており(*1)、また、2017年10月-12月における申込件数が前年同期比約2.3倍、2017年12月にはユーザー1人あたりの平均月額サービス利用料(Average Revenue Per User/ARPU)は前年同月比約1.3倍まで成長、サービス開始からこれまでの平均月間解約率(*2)は0.92%となるなど、順調に成長を続けている状況とのことです。

しかし、多角化したユーザーニーズに対応し、ユーザーの生活に寄り添ったモバイル通信サービスの提供を拡大させていくため、ソフトバンクとのパートナーシップを決めたとのことです。

LINEモバイルは、NTTドコモの回線を利用してMVNO事業を展開していましたが、今回の提携を受けて将来的にソフトバンク網に置き換えていく可能性があります。なお、現在ドコモ回線のサービスを受けているユーザーには引き続き、これまで通りのサービスが提供されます。

今後、ソフトバンクがサブブランドとして手掛けるY!mobileとの住み分けはどうなっていくのか、また、KDDIグループのMVNOからiPhoneが発売されているように、LINEモバイルからもiPhoneが発売されるのかなどが注目されます。

*1: 2017年2月/5月/8月/11月に実施した、LINEモバイルユーザー向け、「LINEモバイル」公式アカウントを利用したアンケート調査の平均値

*2: 月間平均任意解約率。任意解約数÷当該期間の各月稼働契約数((月初契約数+月末契約数)÷2)の合計値

ソース:
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2025
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180131_01/

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する