格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

IIJmioの特徴・料金プラン

2017.08.07

IIJmioの特徴・料金プラン

IIJmioの特徴

1993年に日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始した「IIJ」が運営する格安SIMのIIJmio。IIJmioにはどんな特徴があるのでしょうか。

高速データ通信のON/OFFの切り替えが可能!

IIJmioでは高速データ通信をOFFにすることでデータ通信を節約することができます。IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)で高速通信のON/OFFを切り替えれば使用可能です。低速状態中の最大通信速度は200kbpsです。

注意点としては、低速状態中でも3日あたりの通信量が366MBを超えると、通信制限がかかります。

バースト機能で低速通信時でも快適に!?

バースト機能とは、低速状態時に、通信しはじめの一定量だけ高速通信を行う機能のことです。この機能により、バースト機能無しの低速状態よりは通信が快適に行えます。

docomo回線、au回線で利用可能!

IIJmioではdocomo回線、au回線を利用できます。そのため、これらのキャリアもしくはこれらの回線を利用している格安SIMから乗り換える場合、SIMロック解除の必要がありません。

ただし端末によってはSIMロック解除の必要があるので、乗り換え前に確認しておくとよいでしょう。

「みおふぉんダイアル」でお得に通話できる!

みおふぉんダイアルの専用アプリを使って電話をかけると、誰とでも通話料が半額になります。更にファミリー通話割引という制度もあり、「ファミリーシェアプラン」で同一契約している家族間の通話は、元の料金から60%OFFとなります。

ファミリーシェアプランで家族まとめてお得に!

IIJmioのファミリーシェアプランは、12GBのデータ容量を家族でシェアすることで携帯料金を節約できます。また同時申込は最大SIMカード5枚、契約自体は最大10枚まで申し込み可能です。

シェアするSIMカード1枚につき、月額料金+700円となります。4回線目以降は700円+400円の月額1,100円の追加料金が発生します。

データが不足がちな場合は後述するデータオプションの利用を検討してみてもよいでしょう。

データオプションで大容量プランにすることも!

IIJmioでは12GB以上のプランは提供されていませんが、データ容量を毎月増量できるオプションが用意されています。月額3,100円で20GB、月額5,000円で30GBのデータ容量を増やすことができます。

IIJmioの料金プラン

IIJmioの料金プランは、ドコモ回線を利用するか、au回線を利用するかで若干料金が変わります。またデータ通信専用SIMを利用する場合は、タイプDのみ契約可能となっています。一方で従量制プランを契約できるのは、タイプAのみとなっているので、その点に注意しましょう。

ちなみに3GBのプランをミニマムスタートプラン、6GBのプランをライトスタートプラン、12GBのプランをファミリーシェアプランと呼びます。

タイプD(ドコモ回線)

  データSIM SMS対応SIM 通話SIM
3GB 900円/月 1,040円/月 1,600円/月
6GB 1,520円/月 1,660円/月 2,220円/月
12GB 2,560円/月 2,700円/月 3,260円/月

タイプA(au回線)

au回線を利用したタイプAでの契約の場合、従量制プランを選ぶこともできます。従量制プランでは、2GB以降、1GBあたり+200円でデータを使用できます。また月のデータ使用量の上限を決めておけば、使いすぎる心配もありません。

  SMS対応SIM 通話SIM
1GB~
(従量制プラン)
480円/月 1,180円/月
3GB 900円/月 1,600円/月
6GB 1,520円/月 2,220円/月
12GB 2,560円/月 3,260円/月

大容量オプション

20GB追加 30GB追加
3,100円/月 5,000円/月

IIJmioの注意点は??

IIJmioのおすすめポイントについて解説してきましたが、ここからはIIJmioの注意点も確認してみましょう。

低速状態時でも利用制限がある

IIJmioでは好きな特に高速通信をOFFにしてデータ容量の節約ができます。しかしこの低速状態時でも、3日間で366MB以上のデータ通信を行うと通信制限がかかり、更に通信が遅くなってしまいます。

申し込めるプランの種類が少ない

IIJmioのプランは従量制プランを除くと、3GB、6GB、12GBの3種類しかありません。データオプションで大容量にすることもできますが、自分のスマホ使用状況に合わせた細かいデータ容量の設定は難しいでしょう。

従量制プランであれば、自分の必要な量を無駄なく使用できます。ただデータ通信専用SIMやタイプDでの申し込みはできないので注意しましょう。

支払い方法がクレジットカードのみ

これはIIJmioだけでなく、多くの格安SIMにも言えることですが、支払い方法がクレジットカードのみとなっております。口座振替やデビットカードでの支払いはできないので、クレジットカードを持っていない方は契約できません。

通信速度が遅くなることも!

UQモバイルやY!mobileを除き、格安SIMの多くは通信が混雑する時間帯の通信速度は遅くなりやすいです。IIJmioも例外ではなく、通勤・通学時間やお昼休みの時間帯などは通信速度が遅くなるので注意しましょう。

まとめ

IIJmioは様々なサービスを展開している老舗の格安SIMです。バースト機能や最大SIMカード10枚まで申し込み可能なファミリーシェアプランなど独自のサービスも充実しています。家族で格安SIMへの乗り換えを検討している方などに向いている格安SIMではないでしょうか。

格安SIMを比較する

掲載会社の特徴・料金プラン

格安SIMを比較する