格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

nuroモバイルにソフトバンク回線のプランが登場

2017.12.13

nuroモバイルにソフトバンク回線のプランが登場

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、格安SIMサービス「nuroモバイル」においてソフトバンク回線を利用したプランの提供を12月19日(火)午前9時から開始することを発表しました。

ソフトバンク回線プランでは、高速通信容量2GBおよび5GBの2プランを提供します。2GB、5GB間の変更は毎月可能です。ともに音声通話SIMの提供もあるため、ソフトバンク回線格安SIMの音声通話SIMの選択肢が増えることとなります。

現在ドコモ回線で提供している「音声定額10分かけ放題」や「データ前借り」、「パケットギフト」、「端末補償」、「訪問サポート」などのオプション・サービスもソフトバンク回線プランで利用することができます。ただし、パケットギフトは回線をまたいでの利用はできず、ソフトバンク回線を利用しているユーザーがドコモ回線のプランを利用しているユーザーから余った容量をもらうといった使い方はできません。

ソフトバンク回線プラン概要

料金

高速通信容量 2GBプラン 5GBプラン
データSIM 980円/月 1,780円/月
音声通話SIM 1,680円/月 2,480円/月

容量チャージ:100MB 400円、500MB 600円、1GB 1,000円
音声通話料:20円/30秒(「nuroモバイルでんわ」アプリ利用時は10円/30秒)
SMS送信料:3円~/通(SMS送受信は音声通話SIMでのみ利用可能です)

※音声通話SIMには12か月の最低利用期間が設定されています。最低利用期間内に解約する場合は、最大12,000円の最低利用期間内違約金が発生します。
※別途、ユニバーサルサービス料がかかります。

現在音声通話付のソフトバンク回線格安SIMを提供している日本通信のb-mobile Sと比べると、2GBプランはb-mobile S 990ジャストフィットSIMのほうが安く、5GBプランではnuroモバイルのほうが安くなっています。ただし、b-mobile S 990ジャストフィットSIMは従量制の料金プランなので、使いすぎるのが心配という方は2GBでもnuroモバイルのほうがよいかもしれません。差額は月190円です。

SIMカード種類と対応端末

SIMカード種類
micro SIM nano SIM iPhone専用nano SIM
対応端末 SIMロックフリー端末(SIMロック解除済み端末も含む)
ソフトバンクブランドで販売された端末 2017年8月以降に販売された端末 iPhone
iPad -
上記以外 -
2017年7月までに発売された端末 iPhone -
iPad - -
上記以外 - -

※iPhone 4S以前のiPhone、iPadは利用できません。

提供するSIMカードはmicro SIM、nano SIM、iPhone専用nano SIMの3種類があります。SIMロックフリー端末、SIMロックを解除した端末はSIMサイズが合っていればどのSIMでも利用できます。また、ソフトバンクで販売されてSIMロックがかかっている状態の端末でも、上記表を参考に適切なサイズのSIMを選べばSIMロック解除なしに利用することができます。2017年8月を境に分かれている理由は、総務省のガイドラインに従い、8月からMVNO向けのSIMロックを廃止したためです。残念ながら2017年7月までに販売されてSIMロックがかかっているAndroid端末は利用することができません。

リリース:https://www.sonynetwork.co.jp/corporation/release/2017/pub20171212_0048.html

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する