格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

au新プラン「povo(ポヴォ)」発表。大手キャリア3社新プランの違いは??

2021.01.13

au新プラン「povo(ポヴォ)」発表。大手キャリア3社新プランの違いは??

それぞれの新プランの違いと共通点は??

それでは新料金プランの違いについて確認してみましょう。

データ容量/月額料金 特徴
au「povo」 20GB/2,480円 カスタイマイズ可能
・5分間かけ放題:500円/月
・24時間データ使い放題:200円/24時間
docomo「ahamo」 20GB/2,980円 ・早期予約で3000dポイント獲得できる。
・海外82の国と地域で追加料金なく利用可能
Softbank「Softbank on LINE」 20GB/2,980円 LINE利用時のデータ使用量がカウントされない

上記からもわかる通り、データ容量に差はありません。月額料金でauのみ他2つよりも500円安くなっていますが、これは通話オプションの料金分の差となっています。それ以外のサービス面で各社独自のサービスがいくつかあります。こういった違いや、乗り換え時のコストから乗り換え先を選ぶとよいでしょう。

共通点は??

この3社のプランですが、いくつかの共通点があります。確認してみましょう。

au docomo Softbank
オンラインでのみ申し込み
通話料金:20円/30秒
通信制限時の速度:最大1Mbps
5G通信対応 △※2021年5月ごろに対応予定
通話かけ放題:1000円 △※1,500円で発表済み。
データ容量追加:1GB/500円
キャリアメールの使用 × × ×

特に大きな共通点としては、3社ともこの新プランは、オンラインでのみ申し込みが可能になっていることです。対面で申し込むことはできないので注意しましょう。またキャリアメールが使用できなくなる点にも注意が必要です。キャリアメールで何らかの会員登録を行っている場合は、会員情報を変更しておく必要があります。

新料金プランそれぞれの特徴は??

それでは各プランの詳細を確認してみましょう。

au「povo」の特徴は??

2021年1月13日発表されたauの新プランですが、大きな特徴は「自分でカスタマイズできる」という自由度の高さです。他2つの新プランと異なり、通話オプションが元から付いていません。5分間までの国内通話かけ放題のオプションは月額500円で利用可能です。またデータ容量が必要な際は、200円/24時間で24時間データ使い放題も可能です。

またau、UQモバイル、povo間の乗り換えについては各手数料が実質0円となっています。「契約解除料」「番号移行手数料」「新規事務手数料」は乗り換え時一度請求されますが、翌月以降の乗り換え先の利用料金からこの料金分割り引かれます。

docomo「ahamo」の特徴は??

2020年12月3日に発表されたこちらのプラン。データ容量20GBで月額2,980円となっています。こちらは元から5分間までの国内通話かけ放題が付いており、月額1000円でかけ放題にすることもできます。サービス提供開始日の前日までに申し込みを行うと、dポイントが3000ポイントもらえます。また支払方法は口座振替かクレジットカードとなっています。

またahamoでは、82の国と地域で追加料金を支払うことなく、契約中の20GBのデータ容量を使用できます。海外旅行時など、海外滞在中の知らぬ間にデータを消費して高額請求を受けるといった事態を防ぐことができます。 

Softbank「Softbank on LINE」の特徴は??

2020年12月22日に発表されたSoftbankの新プランです。2021年3月のLINE株式会社との経営統合を機に発表された新ブランドで、大きな特徴としてLINE利用時のデータ使用量をカウントしません。またプラン自体もデータ容量20GBで、月額2,980円となっています。またSoftbank on LINEの特徴として、LINE上で様々な手続きが可能となる予定です。

新プランの注意点は??

20GBのデータ容量と月額2,980円の組み合わせが非常に魅力的な新プランですが、どんな点に注意したら良いのでしょうか。

オンラインでしか申し込みができない

今回発表された新プランはどれもオンラインでのみ申し込み可能です。店頭での取り扱いはないので、申し込みたい方はオンラインで申し込みを行いましょう。

まだ未確定の部分がある

現在公開されている情報に加えて、今後より多くの情報が発表されていくと思われます。現在の情報だけで判断せず、今後の情報公開を参考にして新プランへの乗り換えを検討するとよいでしょう。

キャリアメールが使えない

こちらは大手キャリアから乗り換えを検討している方は、特に気を付ける必要があります。今回発表された新プランでは、キャリアメールを使うことができません。普段の連絡用や会員登録などをキャリアメールで行っていた場合は、Gmailなどのフリーメールに設定を変更しておくとよいでしょう。

端末の購入や使用可能状況が異なる

まずpovoやSoftbank on LINEで当初のうちは端末の販売を行わず、SIMカードのみとなる見込みです。ahamoは端末の販売を行いますが、こちらはdocomoと別の回線を利用する関係から、docomoで購入・使用できた端末がahamoでも購入・使用できるかまだ分からない点に注意しておきましょう。

まとめ

今回大手キャリア3社で発表された新プランは、20GBで2,980円というこれまでの大手キャリアでは考えられないようなお得プランとなっています。格安SIMでは通信速度の問題がありましたが、大手キャリアであればそのような心配も必要ありません。是非乗り換えを検討してみてください。

格安SIMを比較する