格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

Y!mobile、「スマホプラン」のデータ容量を2倍へ

2018.08.02

Y!mobile、「スマホプラン」のデータ容量を2倍へ

ソフトバンクはサブブランドとして展開しているY!mobileの主力プランである「スマホプラン」を刷新し、9月1日から料金据え置きでデータ容量を2倍にすることを発表しました。既存ユーザーにも自動で適用されます。

9月からデータ容量2倍に

Y!mobileのスマホプランのデータ容量は現在のところ、スマホプランSで1GB、スマホプランMで3GB、スマホプランLで7GBです。また、データ容量2倍オプション(契約時から2年間無料、以降月額500円)をつけることで、それぞれのプランで高速通信できるデータ容量が2倍となります。

これが、9月1日よりデータ容量がスマホプランSで2GB、スマホプランMで6GB、スマホプランLで14GBとなります。また、データ容量2倍オプションはデータ増量オプションへと名称が変更となります。オプションのサービス内容は変わらず、スマホプランSで1GB分、スマホプランMで3GB分、スマホプランLで7GB分のデータ容量を追加できます。(速度低下後自分で通常速度に戻す必要があります。)

<改定前>

料金プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ容量 1GB 3GB 7GB
月額料金(1年間)※ 1,980円 2,980円 4,980円

<改定後>

料金プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ容量 2GB 6GB 14GB
月額料金(1年間)※ 1,980円 2,980円 4,980円

※ワンキュッパ割適用時

<データ増量オプション適用時(改定後)>

料金プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ容量 3GB 9GB 21GB

UQ mobile、楽天モバイルとの比較

似たような料金設定、サービス内容を展開しているUQ mobileのおしゃべりプラン/ぴったりプランと楽天モバイルのスーパーホーダイと比較してみます。

比較対象はY!mobileのスマホプランSに相当するプランです。(UQ mobileはおしゃべりプランS、楽天モバイルはスーパーホーダイのプランS)

Y!mobile UQ mobile 楽天モバイル
データ容量 2GB(2年間3GB) 1GB(2年間2GB) 2GB
月額料金 1年目:1,980円、2年目以降:2,980円

※ワンキュッパ割

1年目:1,980円、2年目以降:2,980円

※スマトク割/長期利用割引+イチキュッパ割

2年目まで1,980円、3年目以降:2,980円

※楽天会員割+長期割2年契約

データ容量繰り越し ×
高速通信時の通信速度
低速通信時の通信速度 最大128kbps 最大300kbps 最大1Mbps(混雑時は最大300kbps)
高速通信と低速通信の切り替え ×
国内通話かけ放題 10分以内 5分以内 10分以内(プレフィックス)
国内通話時間制限なしかけ放題 月額+1,000円のオプション なし なし
利用期間 2年契約(自動更新) 2年契約(自動更新) 最低利用期間1年~3年

今回の改定により、Y!mobileはデータ容量の多さの点で楽天モバイルと並びました。オプションを考慮するとY!mobileの方が上回っているともいえます。

月額料金について、楽天モバイルのスーパーホーダイは最低利用期間を通常の1年間ではなく2年間あるいは3年間にすることで割引を受けられます。2年契約の場合は2年間月額500円割引、3年契約の場合は2年間月額1,000円割引です。最低利用期間として2年か3年を選べば、月額料金の面では楽天モバイルが優位に立ちます。ただし、Y!mobileやUQ mobileにある家族割や固定回線とのセット割はありません。

3社で似たようなプランを提供していますが、Y!mobileは通話を重視する人、街中のショップで相談したい人、Yahoo!関連サービスをよく使う人がおすすめで、UQ mobileは高速通信で不便を感じたくない人、それでいてデータ繰り越しや低速との切り替えなど格安SIMの利点を受けたい人、auのSIMロックがかかっているスマホを使いたい人がおすすめで、楽天モバイルは12時台と18時台の低速を我慢できる人、YouTubeなどの動画をたくさん見たい人、楽天関連サービスをよく使う人がおすすめです。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する