格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

ワイモバイル、iPhone SEを期間限定で一括9,800円~で販売

2018.01.15

ワイモバイル、iPhone SEを期間限定で一括9,800円~で販売

ワイモバイルが4月1日までの期間限定で、新規・他社からの乗り換え(ソフトバンクからの乗り換えを除く)時のiPhone SEの一括購入価格を税抜9,800円~と値下げしています。

一括価格

価格は、32GBが税抜9,800円、128GBが税抜19,800円となっています。Apple Storeで購入した場合の価格は税抜で、32GBが39,800円、128GBが50,800円なので約3万円の値下げとなっています。また、この値段で購入する人は実質的にいないのであまり意味のない比較ですが、ワイモバイルの何も割引のついていないiPhone SEの販売価格が、32GBで48,500円、128GBで60,500円なので、ここからの割引額は約4万円です。

適用条件

この割引の適用条件は、新規・ソフトバンク以外からの他社からの乗り換えで、2018年1月12日から4月1日までの期間に、iPhone SEをバリュースタイル未加入・一括で購入することです。バリュースタイル未加入であるため、月額割引は適用されません。とはいえ、月額割引よりも今回の割引のほうが大きく、2年間での支払総額は安くなります。特に、月額割引の額が小さいスマホプランSで購入した場合は、2年間で1万円以上支払額を抑えられます。

注意点

月額割引がないこと以外の注意点としては、契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内(請求月単位)に解約した場合、経過期間に応じた解除料(32GBは最大29,999円、128GBは最大40,000円)が、スマホプランS/M/Lの契約解除料10,260円に追加でかかることと、SIMロック解除の即時解除の対象外となることです。なお、「ワンキュッパ割」や「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」は変わらず適用されます。

端末価格を割引しているので、早期に解約されることを防ぐために解除料が追加で設定されていると思われます。また、SIMロック解除は即時でできないので、購入日から101日目以降に可能となります。

タダ学割と組み合わせるとお得

最新機種ではありませんが、新規、ソフトバンク以外からのMNPで18歳以下の場合、基本料金が3か月間無料になるタダ学割と合わせてお得なキャンペーンなので、iPhoneを使いたいという方はぜひ検討してみてください。

特に、「タダ学割」は月額割引の効果が薄い(月額割引は基本料金やオプション料金などに適用されるが、端末料金には適用されないため、基本料金無料期間は割引されていない端末料金を払うこととなる)ので、月額割引がなく直接購入代金が割り引かれる今回の値下げと相性が良くなっています。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する