格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

トーンモバイルが見守り機能を備えたiPhone向けSIMを提供開始予定

2018.02.21

トーンモバイルが見守り機能を備えたiPhone向けSIMを提供開始予定

トーンモバイル株式会社は、家族向けの見守り機能「TONEファミリー」に対応したiPhone向けのSIM「TONE SIM(for iPhone)」を4月上旬に発売すると発表し、販売開始のお知らせメールの受付を開始しました。月額料金は税抜1,500円~です。

対象機種

対応機種は、iPhone 5s/5c(iOS 10)以降のSIMフリー版およびドコモ発売のiPhoneで、auやソフトバンクが発売したiPhoneで使うにはSIMロック解除が必要です(iPhone 6s以降)。家で使っていないドコモのiPhoneが眠っている場合は、子供用に再活用することができます。中古のiPhoneを購入する場合は、auやソフトバンクのSIMロックがかかっていないか確認するようにしましょう。SIMロック解除の手続きはキャリアでの購入者本人しか受け付けていないので、SIMロック解除するのが困難です。

見守り機能

トーンモバイルは、子供やお年寄りの見守り機能が充実していることが特徴で、今回発売するSIMについても、利用者の居場所を確認できる「TONE見守り」、対象年齢に合わせたアプリの利用制限、フィッシング詐欺などの危険性があるサイトへのアクセスを防ぐ「あんしんインターネットLite」といった子供に使わせるのにも安心な機能が付いています。また、「小学生」「中学生」「高校生」の段階別にサイトの閲覧可否を設定することができる機能もあります。

また、今後、過去に詐欺の電話に利用されたことがある電話番号データベースを活用する「あんしん電話」が提供予定です。データベースに登録された番号から電話がかかってきた場合、画面上に警告が表示されます。

子供にはiPhoneが人気

トーンモバイルは従来、自社のAndrod端末とセットで格安SIMを提供することで充実した見守り機能を提供してきましたが、サービスの対象となるような子供のiPhone利用意向は高く、スマートフォンを所有している中学生男子の47.5%、中学生女子の56.4%がiPhoneを利用しているという調査もあります。(MMD研究所「2017年11月 中高生の通信利用実態調査」)こうしたニーズがある一方、親の側としては、iPhoneは高価で安全に使えるのか不安に思う親の気持ちも存在しています。しかし、中古のiPhoneであれば比較的に安価で手に入れることができることから、トーンモバイルの安全性と合わせてこのミスマッチを解消することが狙いです。

トーンモバイルのグループ会社には、スマホの中古買取・販売を行っている「イオシス」があり、同社の中古のiPhoneを「TONE SIM(for iPhone)」で使うことができるというシナジー効果も見込めます。

解除されないフィルタリング

フィルタリング機能は、キャリアが提供しているものも含めて、子供がフィルタリング解除方法を調べて解除してしまうという問題を抱えていますが、iOSの構成プロファイルやアプリを活用してこれを解決する手段も盛り込んでいます。見守りアプリは定期的にクラウド側と通信しており、この通信が確認できなくなると、アプリを削除したとみなして、モバイル回線の通信を遮断する仕組みとなっています。この状態でもWi-Fi環境下では通信できますが、今後、Wi-Fiの利用のON/OFFなどもカスタマイズできる機能も提供予定となっています。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する