格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

音楽のストリーミングサービスにおすすめの格安SIMは?

2018.01.10

音楽のストリーミングサービスにおすすめの格安SIMは?

音楽のストリーミング再生やインターネットラジオのradikoなどのデータ通信量は動画サービスほど多くはありませんが、長時間流しっぱなしにしておくと気になるレベルの通信量になります。そこで、音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオを気兼ねなく利用できる格安SIMを紹介します。

カウントフリーがある格安SIM

利用するサービスがカウントフリーの対象になっていれば、通信容量のことは気にせずに自由に使うことができます。LINE MUSICを主に使う方はLINEモバイル、AWA、Spotify、Apple Music、Google Play Music、Amazon Music、radiko.jpを主に使う方はBIGLOBEモバイルがカウントフリーのサービスがあります。

LINEモバイル

LINEモバイルのMUSIC+プランはLINE MUSICの利用にかかる通信量がカウントフリーとなります。カウントフリーの対象は他に、LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムです。SNSをよく使うという方には特におすすめとなっています。

また、LINEアプリの年齢認証が可能なので、格安SIMでもID検索ができる、月額基本利用料の1%のLINEポイントがたまるなど、LINEをよく使う方向けの格安SIMです。

MUSIC+プランの音声通話SIMの月額料金は、3GBで2,390円、5GBで2,720円、7GBで3,280円、10GBで3,520円です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの3GB以上のプランにつけられるエンタメフリー・オプションでは、各種動画や音楽のサービスがカウントフリーになります。月額料金が追加でかかりますが、YouTubeなどの動画もカウントフリーになるので、YouTubeで音楽を聴くという人や動画も見たいという人にもおすすめです。

カウントフリーの対象は2017年11月27日現在で、YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kidsです。

エンタメフリー・オプションの月額料金は、音声通話SIMの場合は480円、データSIMの場合は980円です。また、SIM自体の月額料金は、音声通話SIMで、3GBで1,600円、6GBで2,150円、12GBで3,400円、20GBで5,200円、30GBで7,450円です。

【BIGLOBEモバイル】1年目月額換算600円!(2018年2月4日まで)

低速に切り替えられる格安SIM

音楽ストリーミングサービスやradiko.jpは低速通信でも十分に使用することができます。初めの曲の再生開始までは少し待ちますが、その後は特に問題なく曲の再生ができます。

つまり、低速モードに切り替えられる格安SIMであれば、音楽やラジオを流しっぱなしにしていてもデータ通信容量を気にする必要はありません。ただし、一つ落とし穴があります。低速通信の利用について、3日間で366MB以上使うと通信速度が通常の低速よりもさらに遅く規制されてしまう格安SIMがいくつか存在します。

3日間で366MBというのは音楽やラジオを流しっぱなしにしておくと、割と超えてしまう通信量なので、こうした制限がなく、低速モードに任意に切り替えられる格安SIMを紹介します。

3日間の制限がなく、低速に切り替えられるのは、楽天モバイル、OCNモバイルONE、mineo(ドコモ回線)です。また、低速に切り替えられる中で、3日間の通信量の制限はあるものの、3日間で6GBと許容量が大きいのは、UQ mobileとmineo(au回線)です。

低速モードに切り替えるというひと手間が発生するものの、上で挙げた格安SIMであれば、通信容量を気にせずに音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオを楽しむことができます。その中でもおすすめなのが、楽天モバイルのスーパーホーダイです。

楽天モバイル スーパーホーダイ

楽天モバイルのスーパーホーダイは、低速通信であっても混雑時間帯以外では最大1Mbpsで利用することができます。混雑時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)の場合でも最大300kbpsと、他の一般的な格安SIMの低速通信の200kbpsより速く通信することができます。1Mbpsの通信速度が出ていれば、アプリのダウンロードなどは困難ですが、音楽のストリーミングに限らず、その他普段使いするにも問題のないレベルで利用することができます。

普段は低速通信モードにしておき、混雑時間帯や外出時にアプリのダウンロードをしたい場合などに高速に切り替えるといった使い方をすれば通信容量の節約が簡単にできます。

スーパーホーダイの月額料金は、高速通信が月2GB使えるプランSで1年目1,980円、2年目以降2,980円です。また、楽天でんわアプリを使った5分以内の国内通話かけ放題が付随しています。ただし、楽天会員でない場合は1年目から2年目の2,980円の月額料金がかかります。1年目の割引を受けるためにも楽天会員になっておきましょう。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する