格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

H.I.S.と日本通信が「H.I.S.モバイル」を設立

2018.02.15

H.I.S.と日本通信が「H.I.S.モバイル」を設立

株式会社エイチ・アイ・エスと日本通信株式会社は2月15日、格安スマホのビジネスに留まらない、多角的サービス展開に向けた協業体制の構築を目的とした合弁会社、「H.I.S.Mobile 株式会社」を設立しました。出資比率はH.I.S.が60%、日本通信が40%です。

2月15日よりWebサイト上で国内向けの格安SIMの販売を開始したほか、5月からは海外旅行者向けに世界70か国で1日500円で利用できる海外データ通信サービスを提供する予定です。

国内向けのサービスについては日本通信のb-mobileと同様、ドコモ回線、ソフトバンク回線を利用した商品となっています。ソフトバンク回線のサービスで動作確認を行っているものも、b-mobileと同様、ソフトバンクのiPhone(5以降)、SIMフリーのiPhoneとなっています。

データ量と通話のオプションを組み合わせる「きままベストチョイスプラン」では、500MB、2GB、6GB、10GB、20GB、50GBのプランが用意されており(50GBはドコモ回線のみ)、月額料金はドコモ回線が945円(500MB)~8,000円(50GB)、ソフトバンク回線が1,200円(500MB)~5,500円(20GB)です。また、5分以内の国内通話かけ放題は月額700円でつけることが可能ですが、きままベストチョイスプランとセットになった「電話かけ放題プラン」を選ぶと50円~250円お得となります。

その他、国内向けプランとしてb-mobile S 990ジャストフィットSIMのように従量制でドコモ回線が990円~、ソフトバンク回線が1,090円~使える「ネットピタットプラン」、同じく190PadSIMのようなデータ通信専用商品として「データ専用ネットピタットプラン」がともに2月26日から発売予定となっています。音声通話付のドコモ回線のSIMとしては500MB以上1GB以下の月額料金は最安水準となっています。

なお、当面はSIMカードのみの取扱いで、スマートフォン本体は2018年夏ごろの取扱いの予定となっています。

また、H.I.S.モバイルの誕生記念として、GoGoキャンペーン(555円割引)を実施中です。3月31日までにお申込みの先着10,000名様について3か月間555円/月の割引で利用できます。

ニュースリリース:H.I.S.日本通信

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する