格安SIM比較

携帯料金が
比較で安くなる!

SBIホールディングス

ドコモが段階性料金プランを導入!格安SIMと比較

2018.05.01

ドコモが段階性料金プランを導入!格安SIMと比較

ドコモが使ったデータ量に応じて月額料金が変動する段階性の料金プラン(パケットパック)の「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」を5月25日から導入することを発表しました。昨年auが導入した「ピタットプラン」と似たような料金プランです。

また、「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」の開始に伴い、5月24日をもってシェアパック5・10・15、データパックS・Mの新規受付を終了します。

今回ドコモが導入する料金プランはどのようなものなのか、また、格安SIMの料金プランと比較するとどうなのか解説していきたいと思います。

新料金プラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」

ドコモの新パケットパック「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」は、月のデータ使用料に応じて4段階で月額料金が定まる段階性の料金プランです。「ベーシックパック」は「~1GB」、「~3GB」、「~5GB」、「~20GB」の四段階、家族で分け合う「ベーシックシェアパック」は「~5GB」、「~10GB」、「~15GB」、「~30GB」の四段階で料金が分かれます。

ベーシックパック

ベーシックパックの月額料金は以下の表のとおりです。ただし、パケットパックのみの料金で、基本プランの料金や各種割引は含んでいません。

パケットパック名 データ使用量 月額料金
ベーシックパック ~1GB 2,900円
~3GB 4,000円
~5GB 5,000円
~20GB 7,000円

いままでデータ使用量が少ない方は2GBで3,500円の「データSパック」を選んでいましたが、1GBまでしか使わないという方は月額料金を抑えることができます。また、月に3GB程度使うため、「データSパック」に1GB容量を追加(1,000円)していた場合も500円安く抑えることができます。ただし、あらかじめ5GBを超えることが分かっている場合は既存の「ウルトラデータLパック」(20GBで6,000円)を申し込んだ方がお得です。

ベーシックパック 月額料金 従来パケットパック 月額料金
~1GB 2,900円
データSパック(2GB) 3,500円
~3GB 4,000円
~5GB 5,000円 データMパック(5GB) 5,000円
~20GB 7,000円 ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円

また、無料通話分がない基本プラン「シンプルプラン」(月額980円)が、すべてのパケットパックで選択可能になるため、通話をしない方は基本プランをカケホーダイライトプラン(月額1,700円)から「シンプルプラン」に変更することでも月額料金を抑えることができます。

ベーシックシェアパック

ベーシックシェアパックの月額料金は以下の表のとおりです。ただし、パケットパックのみの料金で、基本プランの料金や各種割引は含んでいません。

パケットパック名 データ使用量 月額料金
ベーシックシェアパック ~5GB 6,500円
~10GB 9,000円
~15GB 12,000円
~30GB 15,000円

従来のシェアパックと比べると、低使用量では月額料金の変動は変わらないものの、~10GBと~15GBの月額料金がそれぞれシェアパック10、シェアパック15と比べて500円安くなっています。ただし、ベーシックパックの時と同様、あらかじめ15GBを超えることが分かっている場合はウルトラシェアパック30(30GBで月額13,500円)を利用したほうがお得です。

ベーシックシェアパック 月額料金 従来パケットパック 月額料金
~5GB 6,500円 シェアパック5(5GB) 6,500円
~10GB 9,000円  シェアパック10(10GB) 9,500円
~15GB 12,000円 シェアパック15(15GB) 12,500円
~30GB 15,000円 ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円

新パケットパックの注意点

新パケットパックには注意が必要な点もあります。「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」は段階性料金プランをとっているため、使いすぎると月額料金が上がっていってしまうということです。従来のパケットパックでは使いすぎた場合、月末まで速度制限を我慢すれば月額料金は増えませんが、新パケットパックでは速度は上限の使用量(20GBまたは30GB)まで変わりませんが、月額料金は上がっていってしまいます。

これの対策としては、「データ量到達通知サービス」の契約でステップ変更(料金変更)前、および速度低下前にメールで知らせを受け取ることができます。料金変更前の通知は、「ベーシックパック」は残り約200MB、「ベーシックシェアパック」は残り約1GB到達時、速度低下前の通知はいずれのパケットパックとも残り約1GB到達時に受け取れます。

また、シェアパックにおいて子供が使いすぎて月額料金が上がってしまわないように、「データ量上限設定オプション」を設定するのも有効です。

もう一つの注意点としては、「パケットくりこし」が適用されないということです。あくまで使用量に応じた料金が適用されるパケットパックなので、余った使用量を繰り越すという概念はありません。

月々サポートやdocomo withと組み合わせ可能

auの「ピタットプラン」では毎月割が適用されず、「4年縛り」が生み出されましたが、ドコモの新パケットパックでは月々サポートやdocomo withと組み合わせることが可能です。

docomo with対象端末であれば月額料金が1,500円割り引かれます。また、それ以外の端末であっても月々サポートの金額が大きな端末であれば月額料金をさらに抑えることが可能です。

auピタットプランは通話の基本料金も含んで2,980円~(ビッグニュースキャンペーンで1年目1,980円~)と見た目の金額はauの方が安いですが、端末の料金も合わせると大きな差はなくなります。

格安SIMとの比較

ドコモのベーシックパックを適用した際の月額料金と格安SIMの月額料金を比較します。なお、今回の比較に端末の料金は含んでいませんので、端末の割引等で結果は変わる可能性はあります。

Y!mobileとの比較

まずはソフトバンクのサブブランドのY!mobileと比較します。格安SIMの難点として語られる混雑時の通信速度もY!mobileであれば問題ありません。また、全国各地にショップを展開しているので、ネットでの契約が不安だという方でも対応できます。

かけ放題について、Y!mobileは10分以内のかけ放題が基本料金の中に含まれていて、月額1,000円追加すれば時間制限なしの国内通話かけ放題にすることができます。ドコモは無料通話分がないシンプルプラン、国内通話5分以内かけ放題が付くカケホーダイライトプラン、国内通話が24時間無料のカケホーダイプランから選ぶことができます。

また、Y!mobileの料金プランは段階性ではなく、月の使用量と月額料金が固定のプランです。

シンプルプランでの比較

Y!mobileにはかけ放題が付くため、同じ条件下の比較ではありませんが、「無料通話はいらないからその分安くしてほしい」という消費者は少なからず存在するため、無料通話がないシンプルプランとの比較を行います。

Y!mobile ドコモ docomo with適用
1GB 2,980円

(1年目1,980円)

~1GB 3,880円 2,380円
3GB 3,980円

(1年目2,980円)

~3GB 4,980円 3,480円
~5GB 5,980円 4,480円
7GB 5,980円

(1年目4,980円)

~20GB 7,980円 6,480円

※Y!mobileは契約から2年目までは倍の容量(2GB、6GB、14GB)を利用することができます。3年目以降については月額500円のオプションで倍の容量を利用できます。

データの使用料のみを考えるとY!mobileの方が1,000円程度安く使えますが、端末の割引も考えると似たような金額になります。Y!mobileにも端末の購入補助がありますが、機種によって金額が異なるため、表には掲載していません。

似たような金額で、使えるデータ容量が2年間はY!mobileの方が多いことと、家族以外とは全く通話しないという方は別ですが、ドコモの方にはこれに20円/30秒の通話料金がそのままかかってくるため、Y!mobileの方が優位でしょう。

カケホーダイライトプランでの比較

Y!mobileは10分以内の国内通話かけ放題、ドコモのカケホーダイライトプランは5分以内の国内通話かけ放題と無料になる通話分が異なります。

Y!mobile ドコモ docomo with適用
1GB 2,980円

(1年目1,980円)

~1GB 4,600円 3,100円
3GB 3,980円

(1年目2,980円)

~3GB 5,700円 4,200円
~5GB 6,700円 5,200円
7GB 5,980円

(1年目4,980円)

~20GB 8,700円 7,200円

※Y!mobileは契約から2年目までは倍の容量(2GB、6GB、14GB)を利用することができます。3年目以降については月額500円のオプションで倍の容量を利用できます。

かけ放題を付けた場合はY!mobileに月額料金の優位性は出てきます。ドコモに優位性があるのは月によって3GBを超えたり超えなかったりするというように閾値あたりの使用量の場合で、1つ上の容量のプランを契約していたり、追加でデータ容量を購入していたりする場合でしょう。ただし、Y!mobileは2年目までは無料で、3年目以降は月額500円で倍の容量を使えるため、その優位性も微妙かもしれません。

カケホーダイプランでの比較

ドコモもY!mobileも時間制限なしの国内通話かけ放題を用意していますが、ともに上のカケホーダイライトプランでの比較に月額1,000円プラスされるので比較結果は変わりません。

エキサイトモバイルとの比較

格安SIMの中で段階性料金プランを選ぶことができるエキサイトモバイルと比較します。ドコモ回線を利用している格安SIMなので、現在ドコモの端末を利用している方はSIMロック解除なしに利用することができます。

エキサイトモバイルはかけ放題をつけることができない格安SIMなので、かけ放題が必要な場合は他の格安SIMを検討する必要があります。

シンプルプランでの比較

ともにかけ放題なしでの比較となります。エキサイトモバイルは家族同士の無料通話もないので、基本的に通話をしない人向けの格安SIMです。楽天でんわを使うことによって、通話料を半額(10円/30秒)にすることも可能ですが、それはドコモの方も同じなため考慮外とします。

エキサイトモバイル ドコモ docomo with適用
低速通信のみ 1,200円
~500MB 1,330円
~1GB 1,360円 ~1GB 3,880円 2,380円
~2GB 1,470円
~3GB 1,580円 ~3GB 4,980円 3,480円
~4GB 1,850円
~5GB 2,150円 ~5GB 5,980円 4,480円
~6GB 2,300円
~7GB 2,600円
~8GB 2,820円
~9GB 2,900円
~10GB 3,080円
~20GB 7,980円 6,480円

エキサイトモバイルの方で高価なSIMフリー機種を購入するのであれば話は別ですが、基本的にはエキサイトモバイルの方が安くなります。また、エキサイトモバイルは1GBごとの区切りなので、料金が上がる閾値を超えてしまってもダメージは少なく済みます。

エキサイトモバイルの方が劣っている点としては、必要になってもかけ放題をつけることができないこと、混雑時に通信速度が低下する傾向にあること、料金が上がる前に通知が来ないことが挙げられます。これらが問題ないのであれば、段階性の料金プランでは1番のおすすめです。

b-mobile S 990ジャストフィットSIMとの比較

最後に、日本通信のb-mobile S 990ジャストフィットSIMと比較します。b-mobile Sはもともとソフトバンク回線を用いた料金プランでしたが、4月27日から主力の990ジャストフィットSIMでドコモ回線の受付を開始しました。

b-mobile S 990ジャストフィットSIMは、月額500円で5分以内の国内通話かけ放題をつけることができます。時間制限なしの国内通話かけ放題は、格安SIMではY!mobileぐらいしか提供していません。

使いすぎを防ぐ手段として、b-mobile S 990ジャストフィットSIMはMyページ上で5GB~15GBの間の1GB単位でデータ使用量の上限を設定することができます。デフォルトでは10GBに設定されています。

シンプルプランでの比較

ともにかけ放題なしでの比較になります。b-mobile Sの方は家族間通話の無料もありません。

b-mobile S ドコモ docomo with
~1GB 990円 ~1GB 3,880円 2,380円
~2GB 1,490円
~3GB 1,990円 ~3GB 4,980円 3,480円
~4GB 2,490円
~5GB 2,990円 ~5GB 5,980円 4,480円
~6GB 3,490円
~7GB 3,990円
~8GB 4,490円
~9GB 4,990円
~10GB 5,490円
~11GB 5,840円
~12GB 6,190円
~13GB 6,540円
~14GB 6,890円
~15GB 7,240円
~20GB 7,980円 6,480円

20GB近く使ったり、高価なSIMフリー端末を使ったりするのでなければ、b-mobile S 990ジャストフィットSIMの方が安くなります。エキサイトモバイルと同様、b-mobile S 990ジャストフィットSIMも区切りが1GBごとなので、閾値を超えてしまった時のダメージが少なくて済みます。

カケホーダイライトプランでの比較

ともに5分以内での国内通話かけ放題が付きます。b-mobile Sは家族間通話が無料にならないので家族間でも通話時間には気を付ける必要があります。

b-mobile S ドコモ docomo with
~1GB 1,490円 ~1GB 4,600円 3,100円
~2GB 1,990円
~3GB 2,490円 ~3GB 5,700円 4,200円
~4GB 2,990円
~5GB 3,490円 ~5GB 6,700円 5,200円
~6GB 3,990円
~7GB 4,490円
~8GB 4,990円
~9GB 5,490円
~10GB 5,990円
~11GB 6,340円
~12GB 6,690円
~13GB 7,040円
~14GB 7,390円
~15GB 7,740円
~20GB 8,700円 7,200円

シンプルプランの時と同様、20GB近く使ったり、高価なSIMフリー端末を購入するのでなければ、b-mobile S 990ジャストフィットSIMの方が安くなります。

基本的に格安SIMの方が安い

上記比較から、基本的に格安SIMの方がドコモの新パケットパックよりも月額料金が安くなることが分かりました。しかしこれはシェアパックを使わない前提での比較となります。シェアする人数が多いほど、格安SIMの料金に対する優位性は失われていきます。

シェアパックを使っていないという方で、月額料金を抑えたいという方は格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。また、シェアパックでもシェアする人数が3人など少ない場合は、格安SIMに変えることで安くなる可能性が大いにあります。シェアプランではなく、一人一人容量を決めて別々に契約するのが基本ではありますが、各々が自由に使うことができます。こちらの場合もぜひ検討してみてください。

格安SIMを比較する

格安SIMを比較する